HOME > 職人きまぐれ日記

職人きまぐれ日記

職人きまぐれ日記のカテゴリーを選んでください。

総数104件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今年もやってまいりました!
 
花粉・・・
ほんとうにつらい( ノД`)…

ではなく、

シロアリ工事30%オフキャンペーン(^^♪

4・5・6月の期間はシロアリの工事代金が30%オフ!!



もちろん調査は無料なので、
皆さん、どしどし連絡してくださいね〜!!

早いものでもう4月なんですね〜( ^^)
わたくし事ではありますが、
子供たちもこの春無事に中学校、小学校と卒業いたしました!(^^)!
気が付けばもうそんなにって感じです。早いです。

そして皆さま、この時期に忘れてはならないのは、シロアリです!
シロアリも旅立ち(群飛し)新たな巣を作り、
もうそんなにって感じで住宅等に被害をもたらしていきます。
怖いですね(´;ω;`)


という事で、今年もやります!
4・5・6月の期間はシロアリの工事代金が30%オフ!!

もちろん調査は無料なので、
皆さん、どしどし連絡してくださいね〜!!

もう11月も終わりに近づき、朝の寒さが辛い季節になりましたね・・・

寒くなるこの時季は、天井裏の物音でお悩みになってるお客様が多いみたいで、この前も天井裏で大きな足音や鳴き声がするって連絡があり駆け付けてみたんです。

すると、な、な、なんとイタチが天井裏に入り込んでるみたいなんです!

そこで、捕獲カゴを設置し次の日確認すると、イタチが捕まってるんですよ〜

だから僕は言ってやりました・・・!

「もう、家の中に入って悪さするんじゃないぞっ!」って・・・!!

そしたらイタチは何て答えたと思います??

イタシません・・・」ってドクター]の米倉涼子かっ!!ってね・・・

そう、この秋はドラマも面白いのが多く、ゆっくり映画を観る機会がありません・・・

でもやっちゃいましょう!!今回紹介する映画は・・・「白ゆき姫殺人事件 」なんてどうでしょうか。

あらすじ・・・映画「告白」などの原作者、湊かなえの小説を映画化。化粧品会社の美人OLの惨殺事件が発生。容疑者となったのは彼女と対照的な同僚のOLだった。
被害者と同じ会社のOLから情報を聞いたTVディレクターは容疑者の周辺の人々に取材を始め、容疑者の足取りや素顔を追うことに・・・

容疑者の地味なOLを井上真央が、そして被害者の美人OLに菜々緒。容疑者の素顔を追うTVディレクターに綾野剛。

監督は「ゴールデンスランバー」などで知られる中村義洋監督。

YAHOO映画のユーザーレビューも3.22と、なかなかな感じです。

湊かなえさんと言えばイヤミス(読んで嫌な気分になるミステリー)の女王と呼ばれていますが、今回も嫌な気分というか、スッキリしない感じでした。

湊かなえさんの「告白」はとても好きな映画で、こんな終わり方もあるんだ!!って、新しいミステリーを見た感じでした!もちろん原作も面白かったんですけど・・・

でも今回、マスコミやSNSってのはこんなに人を追い込むのか、殺人の動機がこんなにもしょうもない事なのかってのが今回の印象です・・・今どきなんでしょうか・・・

ん〜・・・今回、点数をつけるとしたら・・・3.00ぐらいでしょうか・・・

前置きが長すぎましたが次回は何の映画にしましょうか・・・

どうぞ期待して下さい〜!!

もう10月もも半ばになり、朝晩が寒くなりましたね。

さすがにスズメバチの駆除もピークが落ち着いてきました。

このままいけば、今年もどうやら誰もスズメバチに刺されずにいけそうです。

ところで、もう少しで冬ですが、冬のスポーツといえばやっぱりフィギアスケートでしょう!

浅田真央ちゃんにも頑張ってほしいですね。

ところで真央ちゃんには舞ちゃんってお姉ちゃんがいるんですよ!

舞、いたん知ってました?  ん・・・? 舞、いたん?

そう!今回紹介する映画は・・・「マイ・インターン 」なんてどうでしょうか。

あらすじ・・・人気女優アン・ハサウェイと実力派男優ロバート・デ・ニーロが共演し、若い女性とその部下になった70歳の男性の世代を超えた友情をハートウォーミングに描いたヒューマンドラマ。
ファッション通販サイトの社長として公私ともに充実した日々を過ごしていた彼女のもとにシニアインターンとして会社に採用された40歳も年上の独身老人が会社に来ることになり・・・

主演の仕事と家庭を両立するパーフェクトな女性社長にアン・ハサウェイ。妻を亡くした今も引退する気のない70歳の独身老人にロバート・デ・ニーロ。

監督は「恋するベーカリー」などで知られるナンシー・マイヤーズ監督。

YAHOO映画のユーザーレビューも4.22と、これまた高い評価

亀の甲より年の功のことわざを映画にしたみたいな感じで言葉少なめなデニーロが潤滑油になってみんなを幸せにするのがとてもいいですね!

働く女性が増えた今、デニーロみたいなパートナーが求められてるんだな〜と思える映画でしたね。

今の若い男性が大人になりきれず、ガキみたいな恰好でゲーム三昧ってのが30歳のキャリアウーマンから見た本音なんだろな〜って思いました・・・

今回、点数をつけるとしたら・・・3.99ぐらいでしょうか・・・

デニーロを見るとどうしてもお笑い芸人のテルを思い出してしまうのが悲しいです・・・

ここ最近高評価な映画ばかりなんで、次回はマイナーな映画でも紹介してみようかと思います・・・

期待してくださいね〜

皆さん、連休は楽しめましたでしょうか!

実は最近、人や物の名前をど忘れする事があるんですよ〜

物の場合はいいんですが、人の名前を忘れちゃうって困るんですよね〜

なかなか聞けないでしょ・・・何回か会ってる人に、どなたでした?・・・あなたの名前は?・・・君の名は?・・・なんて・・・

ん・・・?君の名は?

そう!今回紹介する映画は・・・「君の名は。 」なんてどうでしょうか。

上映中の映画は初めて紹介するので緊張しますがいってみましょう〜

あらすじ・・・1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、田舎町に住む女子高生の三葉と東京に住む男子高校生の瀧の心と体が夢を通じて入れ替わり、その奇妙な夢を通じて心と体が入れ替わった男女が遭遇する壮大なラブストーリー。
やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。

主演の男子高校生に「バクマン。」などの神木隆之介、女子高生に「舞妓はレディ」などの上白石萌音。

監督は「星を追う子ども」や「言の葉の庭」などの新海誠監督。

今年評判の映画なんでYAHOO映画のユーザーレビューも4.47とかなり高い評価なんですよ。

これは高い評価がでるのがわかりますね!映像もきれいで、話のテンポもよくてアッという間の2時間でした!!

それと声優の神木隆之介と上白石萌音の演技がとても合っていて凄い良いですね!

最初、さわやかな青春映画かと思いきや、中盤からのシリアスな展開。そして切ないラブストーリーに・・・

笑いあり、涙ありと個人的にはもう一回観てみたい映画ですね!やっぱ日本のアニメはとても凄いです!

今回、点数をつけるとしたら・・・文句なし4.70あげちゃいましょう!

ただ小学校の4、5年ぐらいだと、まだ分からないかな〜って感じですかね・・・

ん・・・?

社長も女子高生と入れ替わりたいのか・・・?ただただ昨日飲み過ぎたのか・・・?

こんなんなってます・・・





社長!まだ真昼間ですよ〜

とか、すったもんだがありまして、さぁ!次回も期待してくださいね〜

オリンピックも終わり、もうすぐ9月ですね・・・

日本人選手も大活躍で卓球団体では男女どちらもメダル獲得し、陸上男子400mリレーではアメリカに勝つ銀メダルでした。

また柔道男子は全階級でメダル獲得し、シンクロではデュエット、チームでもメダル獲得でした。

盛り上がったオリンピックも終わり、なんかオリンピックロスですね・・・

閉会式の日本のセレモニーでは安倍マリオがなんと土管から登場しました。やっぱり日本はアニメやゲームなんでしょうね!

そこで今回紹介する映画は・・・「バクマン。 」なんてどうでしょうか。

あらすじ・・・高校生漫画家と相棒のコンビが、漫画界の頂点、週刊少年ジャンプの連載を目指す。
優れた画力を持つ高校生の真城最高と漫画原作家を志す高木秋人が声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、プロの漫画家になるために日々奮闘するが・・・

主演の漫画家コンビには、「るろうに剣心」でも共演した佐藤健と神木隆之介。佐藤健が恋心を抱くヒロインには、「渇き。」などの小松菜奈。そしてライバルや同じ漫画家仲間には染谷将太、桐谷健太、新井浩文などなど豪華な面々がそろいました。

監督は「モテキ」などの大根仁監督。

原作やテレビアニメ化されたのも観てないんですが、YAHOO映画のユーザーレビュー3.94となかなか高い評価なんです。

「モテキ」でもそうでしたが、監督の音楽の使い方の上手さ、映像の美術的センスはとても良くて、めちゃめちゃ好きですね!

マンガでバトルとかエンドロールも良かったし、新しい漫画のアイデアが眼鏡に流れ出すとこなんて、千鳥のノブなら映像の癖が凄いってなりますね!!

原作を見た人は評価が低いみたいですが、今回、点数をつけるとしたら・・・思い切って4.00あげちゃいましょう!

ただ佐藤健の高校生役はちょっと違和感って感じでした・・・

さぁ、次回の映画は何にしましょうか・・・?

期待してくださいね〜

もう7月も終わりです。

巷ではポケモンGOなんて流行ってますが、くれぐれも歩きスマホは注意してくださいね!!

でも日本で生まれたポケモンが世界でもブームになるなんて、日本人としては嬉しいかぎりです・・・

なので関係有るのか、無いのかは置いといて、今回の映画は・・・「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ 」を紹介したいと思います。

あらすじ・・・遺伝子研究所を舞台にゾンビと化した人間たちと、すべてを抹殺しようとする特殊部隊の両方から逃げようとする主人公達の脱出劇が展開するホラーアクション・・・
研究所で働く科学者のジョンとジェナは将来を期待される研究者で、結婚を控えた恋人同士でもあった・・・
ある日、研究所内で緊急アラームが鳴り響く。現場へと向かった2人が見たものは、最新型のウイルスに感染した仲間たちの姿だった・・・

主演はよくわかりませんが、 監督はブライアン・T・ジェインズ監督。

B級感が漂いますが、ゲームのバイオハザードと関係があるわけでも、ミラ・ジョヴォヴィッチが出演しているわけではありません・・・

だからなのか、YAHOO映画のユーザーレビュー1.64と映画としてなりたってるのかってぐらいの低さ・・・

なんせ特殊部隊が弱いのなんのって、突入後10分で全滅って・・・ありえません・・・

あとは恋人同士のジョンとジェナが通気口から逃げるってだけのお話です。

あえて今回も点数をつけるとしたら・・・1.50ぐらいですかね・・・

一つ良かったのは1時間ほどで終わるとこでしょうか!

ポケモンからだいぶ話がそれましたが、我が社でもポケモンが流行ってるんでよ〜!

にしても社長!

それはやりすぎじゃないでしょうか・・・



いったい何を捕まえようとしたら、そんな高いとこでスマホを構えれるんでしょうか・・・

ポケモンに夢中になって、僕はノケモンってね・・・

皆さま、明日が七夕ってご存知でしょうか?

男(彦星)と女(織姫)が1年に1回しか会えないって、絶対続かないでしょっ!男の方は絶対キャバクラ通いだし、女の方もホストクラブに入りびたりでしょう・・・

って、おいっ!どうした??

家庭がうまくいってないのか??

なんて事を言ってますが、七夕にちなんで、ラブストーリーを紹介しちゃおうかな〜・・・

ってことで、今回の映画・・・「あと1センチの恋」を紹介したいと思います。

あらすじ・・・舞台はイギリスの田舎町。幼なじみの仲良しの男女がお互いに「好き」の一言が言い出せなかったばっかりにすれ違いの出会いと別れを繰り返す、切なくも甘酸っぱい魅惑的なラブコメディ。
2人で一緒に田舎町を出て、アメリカのボストンの大学に進学しようと約束し見事2人とも合格。
ところが女の子は軽い気持ちでクラスの同級生と関係を持ち、妊娠してしまいボストン行きをあきらめ子育てに奮闘するが・・・

主演は「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズと「スノーホワイト」のサム・クラフリン。
監督はクリスティアン・ディッター監督。

恋愛映画はあんまり観ないんですが、YAHOO映画のユーザーレビュー3.64と高い評価!

幼なじみとかになるとお互いに意識してしまって、今の関係を壊したくない・・・とかでなかなか告白できないんでしょうね!
そのせいで相手よりも幸せになろうってアピールするんでしょうか・・・

女の子の妊娠も男の子に彼女ができた腹いせでやっちゃったみたいな・・・

個人的には男と女の友情は無い派なんで、あまり共感できるとこはなかったんですが、男の子がもっとしっかりしていたら、ここまですれ違わなかったんじゃないでしょうか・・・

ラブコメディのジャンルで観るとコメディ感はさほどないですが、すれ違いが好きな方にはいいんじゃないでしょうか!

今回も点数をつけるとしたら・・・ん〜、最後は良かったので・・・2.80ぐらいですかね・・・

つーか、これで最後くっつかないなんてありえないでしょ!!

とまぁ、こんな感じでした・・・次回は何の映画にしましょうか・・・?

期待してくださいね〜

職人日記を更新するときはいつも、中国で買ったシルクの服を着て更新しています。

やっぱりシルクだと肩のあたりがツルッとしていて楽なんですよね〜

・・・って、都知事かっ!!

一応経費で落ちるか確認したら、違法じゃないけど不適切って言われました。

・・・だから、都知事かっ!!

前回、カンヌ国際映画祭の審査員賞をとった映画を紹介したんですが、この映画も「聞いたことない・・・」なんてこれまた第3者の厳しい意見を頂戴しているので

ここはもう邦画で、しかも俳優も有名どころっていう映画・・・「予告犯」を紹介したいと思います。

あらすじ・・・新聞紙を被った男がネットの動画サイトで法では裁けない罪をネット上で暴露し、そこに制裁を予告して実行するという予告犯(シンブンシ)
そして予告犯(シンブンシ)による予告動画がやがて政治家殺害予告まで飛び出すようになる。
警視庁サイバー犯罪対策課のエリート捜査官の対決が息詰まる攻防を描く、筒井哲也の同名人気漫画を実写化したサスペンススリラー・・・

主演は「脳男」などの生田斗真。脇を固めるのが戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々。
監督は「白ゆき姫殺人事件」などの中村義洋監督。

原作は読んだ事ないんですが、YAHOO映画のユーザーレビュー3.59とかなり高い評価なんです。

予告犯(シンブンシ)が生田斗真だとすぐわかるんですが、何故こんなことをするのか?

少しずつ追い詰めていくサイバー犯罪対策課の捜査官たち・・・予告犯(シンブンシ)達の目的は・・・?

予告動画を分析し犯人が単独犯でないことがわかるんですが、犯行の動機が社会の不満なのかな〜なんて思っていると最後のネタバレで後悔するぐらい感動するんじゃないでしょうか・・・

サスペンススリラーなんてジャンルかと思いきや、悲しいほどの人間ドラマ!

なかなか面白かったです!

生田斗真はどこか闇のある演技がいいですね!

今まで紹介してきた映画がビデオ屋にレンタルされてるの??って映画だったのが申し訳ないぐらい今回は心に残る映画でした。

ぜひ機会があればレンタルしてみてはどうでしょうか・・・

今回、点数をつけるとしたら・・・思い切って3.95あげちゃいましょう!個人的には良かったですね。

さぁ、次回は何の映画にしましょうか・・・?


またまた字ばっかりなので上向いて寝る猫でもどうぞ・・・


6月になり梅雨突入ですね!

ここ何回か映画を紹介してるんですが、「聞いたことない映画ばっかり・・・」や「B級?はたまたC級の映画なんじゃないの・・・」

といった第3者の厳しい意見を頂戴しているので

今回は「フレンチアルプスで起きたこと」を紹介したいと思います。

あらすじ・・・冬の休暇を楽しもうと、妻と2人の子供を連れてフランスのスキーリゾート地に訪れたスウェーデン人一家。
山際のテラスで食事をしていると、突然ごう音が鳴り響き目の前の斜面で雪崩が発生。
雪崩におじけづいた父親のとっさの行動が、冬の休暇を楽しんでいた家族を崩壊の危機へと導くことに・・・

主演はヨハネス・バー・クンケ。監督はスウェーデンの新星リューベン・オストルンド。
なんと第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞しました。

今回はカンヌで賞を取った映画という事で、YAHOO映画のユーザーレビュー3.41と高めの評価です。

家族が崩壊って、いったい何したの?って思いますが、テラスで食事中に雪崩が発生した際に、妻も子供もほったらかして携帯と手袋を持って一目散に逃げだしちゃったんです・・・

怖かったんでしょう!でもその雪崩も大きな雪崩を未然に防ぐ為の人為的に起こされた爆破のせいだったから、父親の立場がヤバいのなんのって・・・

最初は逃げてないっていう見苦しい言い訳をしていた父親も、毎日、毎日妻に言われ続け、携帯で撮った証拠の動画まで見せられてとうとう泣き出す始末・・・

嫁には愛想をつかされた父親を子供たちは見捨てませんでした。

そんな子供たちの想いに妻の心にも変化が起こり、休暇の最終日にみんなで最後のスキーを楽しむ事に・・・

いや〜!女の人は恐ろしい・・・

とっさの行動で取り返しのつかないとこまで追い込まれるなんて・・・

しかも妻は、帰りのバスの運転者の運転が下手で何度も壁にぶつかりそうになった時に、怒ってバスを停めて子供が呼んでいるのも無視し、一人でバスを降りちゃいます。

あんたも逃げるんかいっ!!って、ほんと女の人は勝手です・・・

今日弁当作ってないからこれで昼食べといて〜と言って300円渡されたり・・・

私、明日休みやし目覚ましかけんと起きてや〜と無茶な事を言ってきたり・・・

というか女の人じゃなく嫁の悪口になりそうなので、ここまでにして今回も点数をつけるとしたら・・・映画じたい会話が主なんで疲れた時に観ると眠くなっちゃうんですよね〜

でもなかなか面白かったので3.15ぐらいじゃないでしょうか!!

次回はどんな映画を紹介できるでしょうか・・・ご期待くださいね〜!

総数104件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

前のページに戻る
ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから